2015年10月02日

インフルエンザの予防接種とリーフレットのお知らせ

朝晩は冷え込むようになりましたね。日中も暑いのですが、風はひんやり冷たくなってきました。この時期は季節の変わり目でもあり、体調を崩したり、喘息発作を起こしやすいので注意が必要です。

あゆみキッズの利用状況は、RSウイルスがまだまだ多く、咳や鼻水の多い風邪、感染症では水痘(水ぼうそう)や溶連菌感染症などが多いです。喘息での利用も増えています。

手洗いやうがいをしっかり行って、元気に過ごしたいですね。

今回はインフルエンザの予防接種と、新しく出来上がったリーフレットについてお知らせします。

〜インフルエンザの予防接種〜

・今年もインフルエンザの予防接種の時期がやってきました。

・インフルエンザの流行が、早い時は12月から、遅くても1月には流行します。

・予防接種をしても、インフルエンザに感染することはありますが、症状が軽くで済んだり、重症化することを防ぐことができます。

・生後6ヶ月〜13歳未満は2回接種、13歳以上は1回接種が必要です。

・日本脳炎やHib、肺炎球菌などほとんどの予防接種と同時接種が可能です。

・副反応として、接種部位が腫れたり、痛みがでることがありますが、2〜3日で消失します。

・一時的に発熱や、吐き気、頭痛もありますが、それほど心配はないです。

・12月までには予防接種が終了するように、計画を立てて、接種しましょう。

・接種する時は、各小児科や病院に電話で予約をして接種するようにしましょう。

〜新しいリーフレットが完成しました!〜

・小学生の預かりが4年生から6年生までに引き上げられたことにより、今回リーッフレットを新たに作り直しました。下記に写真を掲載しています。

・各小児科や耳鼻科へ配布予定ですので、よろしくお願いします。スクリーンショット 2015-10-02 11.16.48

看護師からのアドバイス

Go To Top