2019年05月27日

非課税世帯提出書類について

最近、日中は真夏のように暑かったり、朝晩は長袖が必要なくらい肌寒かったり異常気象が続いていますね。熱中症になっている人も多いようです。こまめな水分補給に気をつけてください。

あゆみキッズでは、異常気象に体がついていかずに熱を出したり、下痢をしたり体調を崩すお子さんが増えています。また、感染症も多く、手足口病や感染性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎、RSウイルス感染症、溶連菌感染症など様々な病気での利用があります。

今年の手足口病はひどいお子さんが多くなっています。水ぼうそうよりも多く湿疹が出ているお子さんが多いです。こればかりは気をつてても感染してしまうので熱があり、湿疹が出たらなるべく早めに受診をしましょう。

今回は非課税世帯の6月以降利用時に必要な書類についてお知らせします。

〜生活保護、市民税非課税世帯、所得税非課税世帯提出書類〜

(生活保護世帯)

・生活保護受給者証のコピー(期限が切れていないか確認を!)

(市民税非課税世帯)

・「令和元年度市民税・県民税・所得課税証明書」(内容は平成30年度分)

・必要枚数:母子家庭なら母親の分のみ、両親とも非課税の場合はそれぞれの分(父の分、母の分)が必要となります。

(所得税非課税世帯)

・源泉徴収票のコピー(内容は平成30年度分)、または確定申告書のコピーが必要です。

・例えば、父親が所得税非課税で母親が父親の扶養に入っている家庭は、父親の源泉徴収票のコピーと母親の市民税・県民税・所得課税証明書が必要となります。

・源泉徴収票の源泉徴収額が0円である必要があります。(ご確認を!)

※自分の家庭が、課税なのか非課税なのか分からない場合は、市役所へ電話をして確認してください。

※なお、「市民税・県民税・所得課税証明書」につきましては、内容が記載してある必要があります。

看護師からのアドバイス

Go To Top